エグゼクティブ人材サーチ、経営幹部紹介、管理職転職紹介の人材紹介会社アクティベイト
トップページ > ホワイトカラー人材紹介 > 法人(求人ご依頼)のお客様へ

法人(求人ご依頼)のお客様へ

◆アクティベイトを利用するメリット

 

A

なかなか探すことができない人材を代わりにエグゼクティブ人材をサーチします。

⇒メリット1:
 経営者や人事の貴重な時間と努力を最小限に抑えつつ、要望に合う人材をご紹介しますが、
 実は私どもは、「期待を大きく上回る人材」を紹介する覚悟で仕事をしています。

A

成長をもたらす人材の紹介実績!

⇒メリット2:
 私が過去に紹介した人材は、入社した会社で評価され、昇進したケースがたくさんあります。
 本人のやる気も高く、困難な状況のなかでも結果的に入社した会社で優れた結果を残し、昇進したことになります。
 貴社にもこのような成長をもたらす人材をご紹介致します。

A

ご推選段階でのミスマッチがありません。

⇒メリット3:
 要望と違う人材との面接はお互いの時間の無駄です。8年間ミスマッチがないということは、
 面談者と企業の両方の理解があって初めて達成されたと思います。
 ですので、優れたしかも貴社の希望に合う候補者を紹介することで、ミスマッチを感じることなく、推薦が可能です。

A

15年間、6,000人以上の面談実績(代表海老個人の実績)

⇒メリット4:
 ただ数が多ければいいというわけではありませんが、優秀な人材とは常に面談を行い、登録者を確保しています。
 サーチだけではなく、弊社の登録者の中からも貴社にとって必要とされている人材をできるだけ早く、確実にお探しします。

A

企業の将来の方向性を徹底的にヒアリングし、組織や人材戦略のお手伝いをします。

⇒メリット5:
 クライアントの要望をしっかり把握できるかどうかは、
 紹介会社とそのエージェントのビジネスレベルの高さに左右されます。
 私はトップエージェント、大手企業での12年間の経験、起業を通じ、戦略や組織、
 そして世の中の流れや本質を把握するため、日々経験と勉強しています。
 貴社にとっての社外人事部長、社外社長室長として貢献させていただきます。

A

現在の組織や社員の最大活用にむけた社員教育や研修の提案

⇒メリット6:
 素晴らしい社員を採用しても、それだけで組織は必ずしも自律的に良い方向に向くとは限りません。
 目標を達成する強い組織・社員を作り上げる外部のパワーも必要です。
 どんな状況であるのか? どんな解決策があるのか?
 「クライアント企業の成長を支援する」解決策を見出すご提案ができます。

【ご紹介可能な人材の一例】

~以下のような人材をご紹介できます(エグゼクティブ人材サーチ)~

1.上場企業レベルの取締役経理・財務部長(54歳・宮城県内在住)
2.中堅・中小企業の管理部長・経理部長(40歳・仙台市在住)
3.東証1部精密光学機器メーカー取締役事業部長(49歳・神奈川県在住・単身赴任可)
4.数社の事業再生企業の代表取締役経験者(55歳・千葉県在住・単身赴任可)
5.上場準備経験のある経理・財務部長(36歳・東京都在住・仙台出身で仙台勤務希望)
6.年商1400億のフード関連ビジネスの営業部長・人事部長(53歳・仙台市在住)
7.一般消費財の代理店・直販の量販営業部長(44歳・神奈川県在住・県内赴任可)
8.上場精密機械メーカー製造部長・業務プロセス改革リーダー(44歳・宮城県在住・単身赴任可)

⇒上記のような人材にご興味のある方は、お気軽にご連絡いただきたいと思います。

 

 

◆お問い合わせ方法

メニュー>お問い合わせより専用フォームに必須事項ご入力の上ご送信いただくか、

メールアドレス( info@activate.co.jp )までご連絡下さい。

追ってご連絡申し上げます。

※「お問い合わせ内容等」に以下の事項をご入力ください。

◆件名 : 求人依頼(もしくはご相談内容)

◆ご連絡先詳細情報 : 電話、メール、担当者名、連絡希望時間帯など

◆ご相談内容の概要 : 求人内容やご相談事などの概要

 

 

※追伸

今から7年前のことです。
生活雑貨を扱っている大手チェーンに幹部人材5名ほどをご紹介したことがあります。
担当者の人事部長も弊社からの紹介であり、大変親しくさせていただきました。

その会社からある日、
「海老さん、人が足りない。店長クラスの人を10人ほど紹介して欲しい」と言われました。

私は、少し戸惑いました。

なぜなら、私は店長の上のクラス、
つまり、スーパーバイザーや幹部社員の紹介が専門であり、
店長クラスの紹介は実績もなく、あまり興味もありませんでした。

しかし、
クライアントがあまりにも大変な状況だったので、
「よし、ならば私が納得のいく最高の店長を探して紹介しよう」と思ったのです。

それから、私は業界No.1のコンビニで働いている、
店長ではなくスーパーバイザー複数名と面談し、
クライアントに紹介しました。

面談者には、
「今の年収より下がりますよ。しかし、この会社は、急成長をしています。上場も視野に入っています。
今までの経験をここで是非発揮していただいて、将来店舗運営部長や教育部長になっていただきたいと思い、
この会社をご紹介します」と話しました。

その後、
クライアント会社は見事に上場を果たし、いまも安定した経営を行っています。
生意気なようですが、私は、自分が納得しない人はクライアントに紹介できないのです。

 

代表取締役社長

海老 一宏

最上部へ戻る