経営改善総合プログラム

企業を取り巻く環境がIoT,AI,RPAといったデジタル技術の革新によって加速度的に変化する中、少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少、労働者の働き方ニーズの多様化と様々な課題を抱えながら企業は「働き方改革」の波に直面しています。

「人手は欲しいが良い人材が確保できない。」
「労働人口は増えていても人手が足りている実感がない」
労働力人材、中核人材不足に加え、能力や技能・経験における人材のミスマッチが表面化する中、企業は生産性向上とともに、就業機会の拡大、また社員が労働意欲や能力を存分に発揮できる環境を作る必要があります。

企業の成長とその鈍化の要因

経営トップの元、企業の成長を促してきた、経営理念やビジョン、ビジネスモデルや仕組みも「時代の変化」、「社長や社員の高齢化」とともに陳腐化されていきます。
ビジネスモデルの刷新、人材の新規採用、社内教育、仕組み・制度の再構築などに取り組み、企業資産を高めていくには、まずは成長鈍化の要因とその対策を可視化することが必要です。

問題点の見える化と改善策の検討

問題点を可視化しより良い改善策を導き出す企業状態診断・経年評価システム『会社の健康診断』をご紹介します。
*『会社の健康診断は㈱ウィズワークスの商標登録済み企業診断サービスです

ご提案

画期的な企業状態診断・経年評価システム『会社の健康診断』を中心とした、
日本初の経営課題全体を網羅した成長支援プログラム「経営改善総合プログラム」をご提案いたします。

【プログラムのポイント】

企業業績の拡大と社長の意志の実現に向けて、企業の課題の見える化により、改善の目的と内容と実施方法を決定し、ベストなコンテンツを提供いたします。

まずは、お問い合わせください!