■30代の管理職・幹部候補・エグゼクティブ人材の転職の注意点

[column col=”1/4″]ADD_CONTENT_HERE[/column]

皆さん、こんにちは!

アクティベイトの海老です。

今日は30代の転職について概況をお話します。

30代に限らないが、厳密にいうと各年代で前半と後半ではかなり転職の環境が変わる。

従って35歳までと40歳までの二つに分けた説明が必要になる。

35歳転職限界説という言葉が昔からあるが、これはまさに言い得て妙である。

35歳までは、企業はまだ人材のポテンシャルを見る。つまり、即戦力ではなくても育てて伸びる、活躍できる可能性を採用の判断材料として見てくれる。

例えば、業界が多少違っていたり、仕事のやり方が違っていたりしても採用となる可能性がある。

具体的には、素材系のメーカーの営業がデバイス系に転職したり、BtoCの営業経験者がBtoBの企業に転職できる可能性がある。

つまり、どしどし積極的にチャレンジできる年代が30代前半である。

 

しかし、35歳を境にして人材ポテンシャルの判断は急激に無くなり、代わりに即戦力としての判断が多くなる。

この理由は30代から40代前半が企業側から見ると中堅として稼ぎ頭となっているためと、異業種・異職種からの転職で一人前になるには、3年程度はかかる仕事が多いためだ。

つまり、もし38歳で採用すると一人前になるころには40の前半となり、中堅としての活躍期間は数年しかなくなるからだ。

このように、30代前半、しかも32歳までであれば、割と転職の幅は広いが38歳ともなると今までの経験の近い所で転職することになると考えた方がいい。

全く新しい事へのチャレンジを考えるなら、35歳までになる。

35歳以上の場合は、経験重視となるため、それなりの実績がないと転職は厳しい。しかし、実績があるなら企業はぜひ欲しい年代でもある。

管理職や経営幹部などのエグゼクティブを目指す30代の方にとって、年収アップやポジションアップなどの積極的な転職を考えるある意味最後のチャンスなのだ。