当社が集結させた専門家集団 社長室.com

「売上」が経営者を癒す。

会社を存続させ、継続して成長・発展させるには、何と言っても「売上」が必要不可欠です。

売上が伸びていかなければ、これが実現できないのは明白ですが、この事実はあまりにも当然すぎるので、少々軽視されている傾向にあります。

ここから数回に渡り、売上についてお話をさせていただきます。

目次

そもそも売上とは

改めて売上について、そして、客数・客単価・価格という「売上構成の3要素」ついて考え、会社の継続的発展・成長の再出発の起点にしましょう。

「売上高」を改めて考える

売上高とは、ある一定期間に商品・サービスを販売した金額の合計高です。

また、売上高は、客数×客単価で計算することができます。

この2つのセオリー(あまりのも当然すぎる内容ですが…)が、実は最も重要な経営の入口なのです。

  • 一定期間
  • 商品・サービスの販売
  • 金額の合計
  • 客数
  • 客単価

これらのキーワードこそ、経営戦略上の要諦となります。

脚光を浴びやすいのは、難しい経営理論や営業施策、見栄えの良い販促施策などです。

しかし、それらが実現するのも売上があってこそ。会社の土台となる数値をしっかりと固めることが、大切なのです。

つまり、業務拡大の重要な戦略とは、

この5つのキーワードをどのように組み合わせ、どれだけの売上高を確保したのか、売上をアップさせようとしているのか企画し、その結果はどうであったのか

この一連について考え、構築していくことなのです。

中小企業がこの激動の時代を
生き抜くため経営指南書

中小企業の経営基盤を盤石のものにする当社コンサルティングの根幹を電子書籍として1冊にまとめました。中小企業のための経営指南書です。

期間限定で無料プレゼント中

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる