経営改善

今、『働き方改革』が求められています

我が国は、「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」「育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化」などの状況に直面しています。
こうした中、投資やイノベーションによる生産性向上とともに、就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境を作ることが重要な課題になっています。

(厚生労働省HPより)

人口が減少し、生産年齢人口が激減しています

欲しい人材の採用競争が激化する中、団塊の世代以降のベテラン社員の退職が続くつまり、退職者数 > 新規採用数 となる危機的状況です。従業員の確保が会社存続にかかわる最重要課題なのです。

働き手の構成者も変化しています

  1. バブル崩壊後・リーマンショック後の新卒採用手控えの影響
  2. 女性・高齢者の社会進出
  3. 障害者の雇用促進
  4. 外国人労働者の受け入れ
  5. 家族の介護による離職の増加

労働力確保の為には、こうした様々な背景を持つ働き手にとって、働きやすい職場環境を提供することが必要です。

企業に求められること

●会社の制度的・風土的な満足感を上げて、社員が会社に愛着を感じ、ワークライフバランスの充実をはかる必要があります。
それにより個人の自己実現と企業の生産性の向上や持続的成長を同じ流れにしなければなりません。

●「働くこと」の意識改革を行い、個人レベルと組織レベルで生産性の向上を目指します。

●高齢者・子育て中の女性・障害者など様々な働き手が活躍できる職場づくり

これらを実現するためには、問題点を可視化して実態を把握し、経営トップの判断により改革を実践することで、「働き方」や「休み方」の改善が図られます。
アクティベイトでは企業様の成長支援のために、画期的な企業状態診断・経年評価システム『会社の健康診断』を中心とした、日本初の経営課題全体を網羅した成長支援プログラム「経営改善総合プログラム」をご用意しております。

お気軽にお問い合わせください。

経営改善総合プログラム