当社が集結させた専門家集団 社長室.com

組織の形を明確にする

以前の記事でも書きましたが、会社を構成する要素は3つあり、その中の1つが「組織」です。

構成要素の1つですから、会社の活力や勢いに関わる大変重要な部分であるということを、まずは理解してください。

  • 組織は戦略に従う
  • 戦略は組織に従う

という相反する言葉があるように、組織と経営は表裏一体のものなのです。

目次

組織運営の3原則

会社の活力や勢いを持たせる組織運営を可能にするには、3つの原則があります。

それが、

  1. 公平性
  2. 妥当性
  3. 納得性

です。

これらを持ったルール(諸規則、諸規定)やマナー・規律が決められているからこそ、自由闊達で活力のある組織ができあがるのです。

明確な組織がない場合

どのような会社にもある程度の組織体制はあるはずです。

しかし、それが自由闊達で活力のある会社に寄与しているかどうかは、上記3原則に基づいていることがポイントになります。

中小企業の場合、創業社長のワンマン経営などで組織やルールが都度変更されてしまい、組織体制が明確になっていないこともあります。

そこで、組織が明確でないので、組織を改定(再定義)することが重要です。

組織改定5つのポイント

組織を再定義するための5つのポイントを記しておきます。

改正の目的

どんな考えて組織改正をするのか

組織体

どんな組織形態にするのか

主要人事

誰にどの役職を委ねるのか

主要会議体と構成

どんな運営をするのか

定期&臨時

いつ改正するのか

正解は探すしかない

どのような組織を持つべきかは、各企業(事業内容や経営計画)によって異なります。

当社の屋台骨コンサルティングでは、このような貴社に最適化された組織体制を構築することで、事業が自律的に動き出すようにご支援いたします。

成功は偶然かもしれないが、
失敗は必然でしかありません。

詳細はこちらをクリックしてください

貴社の状況を見極め、貴社の事業に合わせたコンサルティングを提供します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる